Author Archive

FX為替取引の準備

FXを開始する際にはまず何をすべきでしょう。FX為替を扱っている業者は、最近ますます増えています。残念ながら、FXや株などお金が絡むところには、悪徳業者と言うものが必ず存在します。信用のできない会社に大事な自分のお金を預けていては、資産をふやす以前に、いつの間にかすっからかんになっていることもあります。

 

自己資本規制比率や資産の保全の問題がなく、金融会社として登録がされていることが最低限の条件になりますので、事前にリサーチしておきましょう。FX為替取引の会社を選んだら、今度はデモトレードをしてみましょう。デモトレードというのは、FX初心者のためにバーチャルマネーを使って実際と同じように為替取引をオンラインでできるサービスです。予備知識なしにFX取引を開始しようとしても、初めのうちは何かとわからないことも多いでしょう。初心者の為に作られたのが、デモトレードです。

 

開始したばかりのうちはこのようなデモトレードを試してみてから、実際のFX取引をするとトラブルを未然に回避できます。デモトレードでは適切な取引ができたのに、実際の取引では判断がいちいち裏目に出るという方もいます。デモトレードでは実際のお金を使わないので、普通なら絶対しないようなFX為替取引などをしてしまう時などに起きやすいものです。FXで為替取引を始めるなら、デモトレードの時でも、なるべく本番に近い状態で取引することも必要です。

 

 

 

FXと為替レート

FX取引を行う際には、為替相場が成否の鍵を握っています。為替レートというのは、それぞれの通貨の間にある交換比率のことです。為替レートは、経済指標や世界情勢などで、常に変動し続けています。レートがどう変わっていくかを見極め、通貨が安い時に買って高い時に売ることで、FXでは取引差益を上げていきます。

 

FXは、売買する際に為替レートや数量などの条件があった場合に取引成立となり、相対取引と呼んでいます。世界中のいろいろな国で、FXの相対取引をしています。為替レートとは一つではなく、通貨と通貨の組み合わせ毎に存在います。為替レートというのは、必ずこの値段でできるかものかと言うと違います。通貨を高く売りたい人、安く買いたい人、それぞれの動きでレートは決まっていくため、情勢に応じてレートは変わります。

 

手持ちのユーロを別の通貨にしたいので、今すぐできるならレートが悪くても取引に応じるという人もいる場合があります。反対にユーロを少し買いたいけど、少しでも安く売ってくれる人が出るまで待つと言う人もいます。FXでは為替レートはとても大切ですが、かならずそのレートで売買されるかと言うとそうではないのです。

 

 

 

 

 

FX為替取引とは

a0002_010815

 

FXとは、外国為替証拠金取引のことをいいます。為替レートの変動を利用して外貨取引をすることで、為替差益を得る取引のことです。ユーロ通貨を安く買って、高く売ると差額が出ます。差額がFX為替取引での利益になります。FX取引では、取引差益の他にスワップ益という利益が出ます。スワップ差とは、外国通貨同士の金利の差です。ニュージーランドドルが金利4%、日本円が金利1%だった場合、金利差が生じます。

 

4%と1%の差である、3%という金利を、このニュージーランドドルを持っている間ずっともらえるというものです。FXをしている人の中には、為替レートの差額を期待するよりも、こちらのスワップ目当てに取引している人もいます。FXのメリットは、スワップと取引差益の2方面から利益が出せるところです。このFX為替取引が最近、人気になっている理由があります。

 

手持ちの資産が少なくても、FXで高額取引ができるというものです。レバレッジとは、実際に預けてある金額の何倍かの為替取引をすることができるというFX独自の仕組みです。FX為替取引は24時間いつでも取引が可能である点も人気の理由となっています。FXは自分の空いた時間、好きな時間に自宅で取引できるので、忙しいビジネスマンや主婦の方でも多くの人が取引しています。

 

 

 

保険選びのポイント

生命保険を選ぶ時どの保険にはいればいいの!?って思ってしまいますよね。

 

そんな時まず考えなくてはいけないのは、何故生命保険に入るのかです。

 

目的がなんなのか解れば、保険の選択肢が減るからです。

 

主に生命保険に入る目的って、病気になった時高額な医療費が心配とか、
事故で自分が死んでしまった時家族はどうやって生きて行くんだといった心配がある時です。

 

また将来への備えも大切ですね。
子供の教育費であったり老後の生活費など。

 

目的さえはっきりすれば本当に保険を選ぶのは楽になるんです。

 

例えば独身の会社員ならば、家族に残すお金が必要なわけではないから病気や怪我の時の医療費が心配ですよね。

 

医療保険に入ればいいと思ったら、次は保険料です。

 

毎月払っていける料金なのか、ライフスタイルと合わせて検討していきましょう。

 

また、掛け捨てなのか積み立てなのかというのもポイントです。

 

途中解約をして戻ってくる積み立ては毎月の保険料が高いです。

 

途中解約をしてもお金は戻って来ないのが掛け捨てです。

 

お金は戻って来ないけど保険料は安いので自分で好きなように貯蓄ができます。

 

保険料は年齢が若ければ安いので、若いうちに入るならば積み立てでもいいかもしれません。

 

 

 

保険の種類と加入方法

保険といっても数え切れないくらいの種類の保険があります。

 

例えば生命保険と一括りにされているけれど、実はこの中に死亡保険、医療保険、学資保険、女性保険、がん保険や共済…聞いた事はあるけれど、という保険がたくさんあります。

 

でも実際に保険に入る数って2つから多くても4つ5つくらいではないでしょうか?

 

自分が死んだ時の為の死亡保険。

 

病気や怪我をした時に保障してくれる医療保険。

 

子供のいる家庭は子供の学費だって気になりますから、教育費を積み立てていける学資保険。

 

こども保険とも言います。

 

女性保険は女性特有の病気に対して保障を厚くしている保険です。

 

がん保険もがんに対する保障が厚い保険ですね。

 

共済という保険にもこくみん共済やJA共済などいくつかあります。

 

これは少ない保険金で最低限の死亡と医療保障を受けられるものです。

 

10代や20代で若い方は保険料が安い共済という保険を選んでもいいかもしれませんね。

 

また加入方法ですが、今ではウェブサイトでの資料請求やメールを通じて申し込む方法が多いようです。

 

加入しようか検討中…という内容のメールを送れば、すぐに保険会社から連絡がきて色々提案してくれたりします。

 

色んな保険会社の資料請求もウェブからなら簡単ですね。

 

 

 

おすすめ定期保険

定期保険というのは、一定期間だけ保障を決める掛け捨て型(保険期間が終わっても保険料は戻って来ない)の保険です。

 

終身保険などと比べて保険料が安いのが特徴な、とてもシンプルな保険です。

 

必要な期間だけ受けたい保障を割安で受けられるというメリットがあります。

 

ライフネット生命はネット専業の保険会社です。

 

人件費などのコストがかからない分保険料を安く出来ると言う私達にとってはありがたい保険会社です。

 

保険料が安いだけでは信用はできませんよね。

 

だからここで保障内容を簡単にご説明します。

 

「かぞくへの保険」という商品は定期型の死亡保険です。

 

お子様が独り立ちするまでの間だけ死亡保険に入りたい方にはとてもオススメ。

 

業界最低水準の保険料なのですが、受け取れる保険料は500万円~1億円まで設定できるという幅広さ。

 

病気でも事故でも、また災害でも同じ保障が受けられるから安心です。

 

そして申し込み方法がとても簡単!

 

受け取る保険料の上限が3000万円までは健康診断書がなくてもウェブサイトから24時間申し込みができてしまうのです。

 

シンプルな保障内容や割安な保険料。

 

でも、ネットだけだと注意点などがよくわからないってことありますよね。

 

ライフネット生命はネットだけでなくコンタクトセンターも設けているので、電話でも相談ができちゃうというサポートもあります。

 

お仕事をしている方で問い合わせをしたいなという時は、平日22時まで営業しているからとても安心できますね。

 

 

 

おすすめ損害保険

a1260_000014

 

損害保険をご存知でしょうか?実は皆入っているのが損害保険です。

 

自動車保険や火災保険といった自然災害や自動車の事故の時に必要な保険ですね。

 

損保と略された名前は聞いた事ありますよね。

 

ソニー損保や損保ジャパン、日本興亜損保という損害保険会社があります。

 

車をお持ちの方は必ず入っているでしょうし、一戸建てを持っている方も火災保険に入っているかと思います。

 

ここでオススメしたいのが火災保険と組み合わせて入る地震保険です。

 

地震保険は必ず火災保険とセットで入らなければなりませんが、地震で起こった火災については火災保険で補えなかったりするので地震大国日本では入っていて損はありません。

 

耐震構造の住宅でも地盤が緩ければ倒壊…ということはよくあります。

 

また火災や倒壊だけでなく、津波で流されてしまっても補償してくれるのだから心強いですよね。

 

保険料や補償内容については全社共通で、保険料もほぼ同じです。

 

だから今入っている火災保険があるのであれば、地震保険を追加してみてはいかがでしょうか。

 

せっかく建てた家なのですから、しっかりとした補償を受けられるように用心にこしたことはありません。

 

 

 

おすすめ生命保険

おすすめの生命保険を探していても、保険会社はたくさんあります。

 

保険料や保障内容によって決められるのが一番いいのですが、私はアフラックの生命保険をお勧めします。

 

アフラック聞いた事ありますよね?あのまねきねこダックと女優宮崎あおいさんが出ているCMです。

 

可愛らしくて印象的ですね。

 

もとはアメリカンファミリーという名前でしたね。

 

日本生命や明治安田生命など国内の企業とは異なり、本社はアメリカにあります。

 

外資系のアフラックがオススメなのは国内の生命保険より保険料が安いところです。

 

中でもGIFTという生命保険がお勧め。

 

これは自分が死んでしまった場合、その年から契約満期を設定した年齢まで(例えば60歳など)の間毎月保険金が支払われると言うもの。

 

毎月家族に届く贈り物、だからGIFTという名前なんですね。

 

そして年齢が20~70歳の方でアフラックの決めた健康基準を満たしたり、タバコを吸っていない人は保険料が割り引かれたりするんですよ!

 

申し込みは対面での販売のみだから、判らない事があれば担当の方にすぐ聞けます。

 

何よりメリットは自分のライフプランに合わせてプランを選べるというところにあります。

 

しっかり相談できて自分で選べるのって安心しますね。

 

 

 

おすすめ終身保険

終身保険にも2種類あって、生命保険と医療保険があります。

 

一生涯保険料が変わらず保障もずっと続くと考えるならば私は終身型の医療保険をオススメします。

 

生命保険と医療保険では当たり前ですが、保険料が違います。

 

例えば終身型の医療保険なら、28歳女性であれば3000円~5000円が月に支払う料金になります(保険市場http://www.hokende.com/参照)生命保険だと割高になってしまいますね。

 

オリックス生命のCUREやアフラックの新EVERといった商品が終身医療保険となりますのでオススメです。

 

どちらともずっと保険料は変わらず保障対象も幅広いので安心ですし、日帰り入院や先進医療なども保障してくれるのでシンプルでありながらもしっかりとした
医療保険です。

 

未婚の女性で入ろうと考えているならば、オリックス生命の医療保険CURELady(キュアレディ)もお勧めです。

 

女性特有の病気、例えば乳がんや宮がんも保障してくれて、なおかつ女性特有のがんだけではないのでこれにさえ入っていれば一通りの病気や入院が保障されるというものです。

 

働く女性も近年では増えています。

 

いつどんな病気になるかわからないこそ、医療保険に入って見てはいかがでしょうか。

 

 

 

おすすめ自由設計型保険

自由設計型保険って聞いた事ありますか?

 

なかなか耳にしない保険ではありますが、貯蓄が苦手な人やこれから生命保険に入りたい人にお勧めなのはこの自由設計型保険なんです。

 

死亡した際に遺族に保険金を残す事と、保険を利用して貯蓄するという2つの目的を持った保険のことを自由設計型保険と言います。

 

2つの目的があるから少し複雑で内容を知っていないと損をしてしまうかもしれません。

 

ただ自由というだけあって保障と貯蓄の割合は自分で決められるので仕組みさえわかっていれば難しくはありません。

 

いつでも保険料を見直せると言うメリットもあります。

 

私がおすすめするのは三井生命のベクトルXです。

 

総合保障型商品と謳っているだけあって、積立保険がベースですがそこに死亡保険、医療保険、生前給付などのサービスを組み合わせることができる商品です。

 

契約から2年後であれば契約見直しもできますし、無事故であればキャッシュバックもあるという魅力的な商品です。

 

保険料は貯蓄部分も含まれますので高いと感じてしまうかもしれませんが、貯蓄しているという意識なしに貯金が溜まって行くのでお得だったりもします。

 

自由設計型保険の何よりの魅力は、やはりライフステージに合わせて見直せると言う点ですね。

 

結婚して子供ができたので保険料を抑えたいとか、子供が自立したので保障を厚くしたいといった見直しができるのです。

 

保障内容や利率もありますので難しいと思うかもしれませんが、貯金しながら保障も受けられると思って頂ければお得だと思いますよ。