FXと為替レート

FX取引を行う際には、為替相場が成否の鍵を握っています。為替レートというのは、それぞれの通貨の間にある交換比率のことです。為替レートは、経済指標や世界情勢などで、常に変動し続けています。レートがどう変わっていくかを見極め、通貨が安い時に買って高い時に売ることで、FXでは取引差益を上げていきます。

 

FXは、売買する際に為替レートや数量などの条件があった場合に取引成立となり、相対取引と呼んでいます。世界中のいろいろな国で、FXの相対取引をしています。為替レートとは一つではなく、通貨と通貨の組み合わせ毎に存在います。為替レートというのは、必ずこの値段でできるかものかと言うと違います。通貨を高く売りたい人、安く買いたい人、それぞれの動きでレートは決まっていくため、情勢に応じてレートは変わります。

 

手持ちのユーロを別の通貨にしたいので、今すぐできるならレートが悪くても取引に応じるという人もいる場合があります。反対にユーロを少し買いたいけど、少しでも安く売ってくれる人が出るまで待つと言う人もいます。FXでは為替レートはとても大切ですが、かならずそのレートで売買されるかと言うとそうではないのです。